MENU

固定資産税評価額は知っておいた方が良い?

土地や建物の価値を知る方法の一つが、固定資産税評価額の確認です。固定資産税を決める基準となる価格で、課税明細書に記載されています。それ以外に、固定資産評価証明書を取得するなどの方法でも確認することができます。この評価額は現在の土地や建物の価値を確認する基準の一つですが、不動産売却の際に参考になることもあれば、ならないこともあるので注意が必要です。

 

 

 

不動産売却の際の評価対象となるのは、公示価格と基準地価、路線価と実勢価格、そして固定資産税評価額の5つです。このうち、固定資産税評価額というのは一般的な評価の約7割となっており、評価格を計算する時には、0.7で割る必要があります。その価格が、目安となる金額となりますが、実勢価格とは異なる金額になることもあり、固定資産税評価額のみで家を売る時の金額を決めるということはないと考えておく方が良いでしょう。例えば、住宅購入後にリフォームを行った場合、その内容によっては固定資産税評価額が上がることもありますが、全く変わらないこともあります。しかし、リフォームをすれば実勢価格が上がる可能性が出てきます。そのため、住んでいる間に固定資産税評価額と実勢価格に差が出るということは珍しくありません。そしてもう一つ、公示価格や基準地価、路線価は毎年発表されるのに対し、固定資産税評価額は3年に1回しか見直しが行われません。そのため、家を売るタイミングによっては、土地の価値にも差が出てしまうことがあります。

 

 

 

購入をした時点と、家の状態が変わらず、土地の価格の変動も少ないという場合は、固定資産税評価額を確認することで不動産の価値を知ることができるでしょう。しかし、家の状態や土地の価格の変動がある場合は、固定資産税評価額はあまり参考にならない可能性があります。そのため、不動産売却を考えているのであれば、一つの基準のみで家の価値を考えるのではなく、様々な基準を参考に、現在の価値を割り出していくことがおすすめです。
マンションや一戸建て売却査定を一括査定サイトを利用して、まずは不動産業者を選択します。
そして業者任せにするのではなく、自分でも知識を増やしながら損をしないような売却になるようにしましょう。

 

最初のポイントとしては売却査定を1社のみで決定しない事が、相場も知ることも出来、あまりにもいろがついている業者もそこで省く事もできたりします。
そのような省ける手間は省きつつ、自分が良い不動産会社を判断するめを養うためにも売却についての基礎的な事を学んでいきましょう。